市役所の内職紹介を利用!申し込みから仕事開始までの流れ。


スポンサーリンク

自宅で内職を始めて、もうすぐ二ヶ月になります。

内職のお仕事は、“市役所”で紹介していただきました。

住んでいる市や近隣の市からの依頼が中心なので、ネット上で探すよりもはるかに安心でした。

今日は、私が内職を始めるまでの流れを書いていきたいと思います。

少しでも、内職を探している方の参考になれば嬉しいです^^


スポンサーリンク

1、市の内職相談所を確認する

私の住んでいる市には、市役所とは別の建物に“産業労働センター”という所があります。

ここで、ハローワーク(市民の就労支援)などを行っています。

週2回『内職相談室』が開かれ、“内職のみ”に的を絞り、紹介していただくことができます。

2、電話で予約する

市役所のホームページで確認したところ、『予約優先』と書いてあったので、電話で予約しました。

混み合う様子もなく、次回の相談日の予約がすんなり取れました。

(予約した方が安心ですが、直接行っても大丈夫そうでした!)

3、内職を紹介してもらう

予約当日、産業労働センターの内職相談所を訪ねると、個室に案内されました。

優しいおばちゃんが担当で、とても安心しました^^

まずは、渡された用紙に、住所・氏名などの必要事項を記入して、一年間何度でも利用できる“受付票”が交付されました。

別の用紙には、希望月収や作業時間、ペットの有無、戸建てorマンション、内職の経歴などを記入しました。

その情報を元に、“内職求人情報一覧”の中から、自分に合った内職を紹介していただくことが出来ます。

“内職求人情報一覧”は、求人募集をしている事業所の一覧です。

一覧の記載項目は、

  • 仕事の内容:パッケージ組み立てや、値札貼り、ヘアゴム加工、犬用洋服検品、絵馬ひも結び、など。
  • 納期:3~7日前後が多いです。最短で1日のところもありました!(納期が短いほど大変なようです!)
  • 運搬車:事業所もしくは内職者になります。(事業所の方が断然楽です!)
  • 求人地域:市内全域や、一部地区のみ、など。
  • 所在地:事業所の所在地(近隣の市からの依頼も多かったです!)
  • 条件・その他:1日3時間以上出来る方、集合住宅は1階の方、ミシン所有者など。

『ペット・集合住宅・工場内勤務・量の安定』の4項目は、○×△で書かれていました。

納期が厳しいところや、ペット不可のところが多かったです。

4、事業所に連絡及び面接日の決定

相談室の方に色々と伺いながら、自分に合った内職がその場で決まりました。(家でじっくり考えることもできます!)

先方の事業所には、相談室の方が連絡を取り合ってくださり、後日面接日が決まりました。

5、事業所の方と面接

私が選んだ内職は、医療品に使用する“キャップのパッキン詰め”です。

衛生面に厳しいため、チェックを兼ねて、自宅での面接となりました!

面接と言っても、難しいことは何もなく、内職経歴があるかなどの簡単な質問に少し答えるだけでした。

メインは、事業所の方からの説明のようで以下の内容を細かく教えていただきました。

  • 内職作業をする上での注意点
  • 単価や締め日、お給料の渡し方(手渡しでした!)
  • 納品書・領収証の書き方
  • パッキン詰めのやり方

6、内職開始!

後日、大きなダンボール1箱と紙袋2つ程を持ってきていただき、本格的に内職が始まりました。

約一週間分がひとまとめになっているので、想像以上に箱が大きかったです!

事前に考えていなかったので、保管場所には少し困りました。(今はリビングの隅に置いています。)

まとめ

内職相談室に電話をかけてから、内職作業を始めるまでは、約10日程でした。

色々とスムーズに決まったので、思ったより早かったです。

ここに書いた流れは、あくまでも私の場合なので、お住まいの市や相談室、先方の事業所により、全く異なると思いますので、参考程度にお考えください^^


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

*ブログランキングに参加しています*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

ポチッと1つクリックして、お応援していただけると嬉しいです♪

一期一会に感謝^^


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です