親子三世代のお花見と両親を頼る理由。


スポンサーリンク

今年最後のお花見は、両親と一緒に見ることができました。

 

枝垂れ桜

 

大きな枝垂れ桜が青空に映えて、とってもきれいでした。

 

子どもたちは、花よりあそび。

 

孫とサッカー

孫とサッカーをする父の姿。

見ているだけで嬉しくなります。

 

最近は、親を頼ることにしています。

前までは、親のからだを変に気遣い過ぎて、もう年なんだから、無理させちゃいけない!

そんな風に思って、なるべく頼らないようにしていました。

 

でもそれは違ったのかなって。

誰かに頼られている時の方が、ちょっと大変でも、若く元気でいられるのかもしれません。

 

仕事を辞めたら急にボケてしまったり、子供が大きくなり家を出たら、急に老けてしまったりというのもよく聞きます。

 

父も母もまだ60代!

いつまでも若々しく元気でいてほしいから、子どもである私がしっかり頼ります。

 

「じいじは野球が上手だから教えてもらえるよ!」と息子を施し、次は野球の練習^^

 

じいじの「足先をもっと右に向けて!」なんて声も聞こえてきました。

 

娘とばあばは木陰で休憩。

 

母と娘

 

おうちに帰って、おやつを食べて。

それから、テレビゲーム。

じいじも、「これは頭の運動になる」と言いながら付き合ってくれました^^

 

きっと自宅に戻って、「今日は疲れたな~」なんて二人で話していたことでしょう。

 

子どもに頼られること、孫と一緒に楽しむことが、両親の若さを保つ秘訣になったら嬉しいです。 

 

また来年も、一緒にお花見しようね。

 


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

*ブログランキングに参加しています*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ 

ポチッと1つクリックして、お応援していただけると嬉しいです。

一期一会に感謝^^


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です