【2017年】毎日の習慣に加わった4つのこと。


スポンサーリンク

2017年は様々なことにチャレンジした年になりました。

「いいな」と思ったらとりあえずやってみる!

良かったら続ける。

良くなかったから、試行錯誤してみる。

それでも合わなかったら潔く止める。

そんな繰り返しをしていく中で、いくつか習慣にできたことがあります。

今日は、私が来年からも継続していきたい“4つの習慣”のお話です^^


スポンサーリンク

朝早く起きる習慣

朝早く起きる習慣

毎朝4時半に起きています。

子供たちと21時頃布団に入り、そのまま一緒に寝てしまいます。

そうすると、翌朝、4時過ぎ頃に自然と目が覚めます。

「おばあちゃんみたいだね」とよく言われますが、今の私にはこのリズムが体に合っています。

毎日7時間たっぷり寝ているので元気です^^

早起きを始めたきっかけは夏のことでした。

真夏でも早朝だけは涼しくて、風がとっても気持ちよくて。

早く起きた人だけが味わえる、心地のいい時間でした。

秋になると、日が昇るのが少しずつ遅くなってきて、冬の朝は寒くて真っ暗。

そんな風に、季節の移ろいが感じられることも早起きの魅力の一つです。

日記を書く習慣

日記を書く習慣

日記は何度も挑戦したことがありますが、毎回挫折しています。

手帳に書くひと言日記や、育児日記ですら続いたことがありません。

それなのに、突然始めたくなった五年日記。

ハードルが高すぎますよね^^

最初は習慣にできなくて、書きそびれた数日分をまとめて書いていました。

これではまた続かなくなってしまうと、様々な試行錯誤を繰り返した結果…、

習慣にできたポイントは2つ!

  • 毎日同じ時間帯に“日記を書く時間”を設ける
  • 日記帳とペンはセットにしておく

今までは、空いた時間に書こうと思っていましたが、それが敗因でした。

毎朝起きて、お湯を沸かし、温かい飲み物を用意する。パソコンの電源をつけて立ち上がるのを待つ間に、さっと日記帳を取り出し、昨日のことを思い出しながら書く。

夜はバタバタしてしまうので、静かな朝に日記を書く時間を設けました。

私が使っている五年日記は毎日4行だけなので、書くのに5分もかかりません^^

日記帳とペンは一緒にしておくか、傍に置いておくと面倒な動作が減って時短になります。

毎日こつこつの積み重ねで5年間続けたいな。

▼愛用している五年日記はこちら
5年連用日記 扉 赤12851 or 黒12396 -5 YEARS DIARY-

手帳を見る習慣

手帳を見る習慣

日記と同様に、私には不向きと思っていた習慣です。

もう来年は手帳なしでいいかなと考えていたほど…^^;

でも、使ってみたい手帳に出会ったのです。

せっかく素敵な手帳を買ったのだから、使わなくては勿体ない。

書く習慣よりさらに敷居を下げて、まずは毎日見る習慣から。

日記と同様に、毎日の暮らしの流れに“手帳を見る時間”を設けました。

私の場合は、毎朝主人と子供たちを送り出し、部屋を元の状態に戻してから一息つきます。

そこに“手帳を見る時間”をつくりました。

コーヒーを淹れて、手帳をさっと取り出し、今日の予定を確認する。

最近は見る習慣が整い、書く習慣も身についてきました。

そうは言っても、今日やることリストくらいですが…。

少しずつ、少しずつね^^

ブログと向き合う習慣

ブログと向き合う習慣

ブログを初めて1年半以上が断ちますが、ブログとの程よい距離が保てないでいました。

近づきすぎると暮らしが疎かになってしまう。

離れすぎると続けられなくなってしまう。

これには長いこと奮闘しましたが、最近ようやく、私にとってのちょうどいい距離、ちょうどいい時間が保てるようになりました。

▼詳しくはこちらに書いています。

以前より更新頻度は少なくなってしまいましたが、決めた時間の中でより深く向き合えるようになりました。

暮らしあってのブログであって、その逆にならないよう気をつけています。

まとめ

今回習慣にできた4つには共通点がありました。

  • いつ行うか時間を決めること
  • 毎日の暮らしの流れに入れてあげること

習慣にしたいことは、まず特別枠をつくってあげる。

自分には不向きだと思って背を向けていることがあったら、来年からもう一度試してみてはいかがでしょうか^^


スポンサーリンク


スポンサーリンク

最後まで読んでくださり、ありがとうございます!

*ブログランキングに参加しています*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ 

ポチッと1つクリックして、お応援していただけると嬉しいです♪

一期一会に感謝^^


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です