発熱とフローズンフルーチェ


スポンサーリンク

昨日、息子が熱を出しました。

 

朝ごはんもお昼ごはんもしっかり食べて、いつも通り元気に遊んでました。

 

午後から幼稚園のプールに行こうと思って「体温測ったら教えてね!」って息子に伝えて、私は呑気に身支度してたんです。

そうしたら、しばらくして「ママ~383だったよ~♪」って。

 

慌てて息子のおでこをさわったら、熱い…。

 

 

嘘だと思いたくて、再び測っても、やっぱり38度以上。

 

 

その時、ハッとしました。

もしかしたら、朝からずっと熱があったのかもしれないって。

 

朝、起きてきた息子に、「ぬくぬくして温かいね~^^」ってギューって抱きしめて、抱っこもした…。

 

なんでその時、気づかなかったんだろう。

今思えば、いつも以上に熱かった気がする。

 

子供の体調の変化に気づけないなんて、自分がほんと情けない。

 

もっと早く気づいてあげれなくて、ごめんね。

 

 

 

実は昨日、直感で遠出するのをやめていました。

ただ、なんとなく気が乗らなくて。占いも最下位だったし…^^;

 

 

今思うと、行かなくて本当に良かった。

結果論でしかないけど、直感を信じて、無理しないで良かった。

 

 

今朝は熱も下がり、姉弟で喧嘩しながら遊んでます。

いつも通りの騒がしい光景が戻ってきました。

喧嘩する気力があるなら一安心かな。

 

分かってることだけど、やっぱり元気が一番^^

 

*****

 

息子がお昼寝をしている間に、退屈していた娘とフルーチェ作り^^

 

『フローズンフルーチェ』

フローズンバージョン!初めて見た^^

f:id:sorairohanairo:20170804062906j:image

 

冷凍庫で凍らしたフルーチェの素に、牛乳を混ぜたら、もう完成!

 

一瞬で終わりそうな工程だけど、子供がやると驚くほど時間がかかる。ハラハラする。

忍耐力が試されてる気がする。

 

私は相変わらず、忍耐力なし。ダメだなー。もっと耐えたいのにな^^;

 

 

娘にとっての「フルーチェ」はちょっと特別でね、幼稚園のお泊まり会で、みんなで作って、みんなで食べた、思い出の味。

 

帰ってきて涙したお泊まり会。

お泊まり会が楽しすぎて、その分だけ、次の日からの夏休みが寂しくなって、「お友達や先生に会いたいよ。会えないと寂しいよ。」って、目を真っ赤にしていっぱい泣いてた。

 

 

私にとっても、そんな思い出のフルーチェ。

食べる度に、娘の幼稚園時代を思い出す。って言っても、まだ一年前の話だけどね…^^

 

思い出の味。懐かしい味。

そういうのってなんかいいなぁ。


スポンサーリンク


スポンサーリンク


最後まで読んでくださり、ありがとうございます!!

*ブログランキングに参加しています*

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ

ポチッとお応援していただけたら嬉しいです!一期一会に感謝^^



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です